医療脱毛の仕組み

医療脱毛は、脱毛したい部分に脱毛力のあるレーザーを当てるという方法です。一体どんな理由で、レーザー光でムダ毛の脱毛をすることが可能なのでしょう。メラニン色素のような黒いところに、医療用のレーザーは反応します。レーザーを照射すると黒い毛の部分にレーザーの熱が集まり、新しい毛を作る役割を持つ毛母細胞を破壊します。肌の黒くない部分は、レーザーをあてた時だけは熱が集まりますが即座に冷却されるため、細胞が壊れてしまう心配はなありません。メラニン色素の作用で皮膚が黒くなっていると、そこにも熱が集まるためレーザー脱毛ができません。日焼けやほくろ、乳首などです。脱毛可能な部位かどうかは、スキンチェックを受けて肌の状態を確認すれば判断可能です。うぶ毛や黒くないムダ毛にはレーザーの熱が集まらないため、レーザー脱毛の効果が期待できません。とはいえ、脱毛技術は年々進歩しているため、現在は無理でも今後うぶ毛の脱毛ができるようになる可能性もあります。基本的に毛とは再生力が強い組織なので、十分に破壊しなければ再び生えてきます。熱を集めて毛母細胞を壊すといっても、高出力で肌にレーザーを当てると、肌のほうがダメージを被りかねません。毛根にだけ作用し、皮膚には影響がないように、レーザーの強さや照射時間を検討した上で医療脱毛は行われますから、心配することはありません。

WEED ブリスジェルの特徴と効果|美尻ケアに超おすすめ!!

タイトルとURLをコピーしました