医療脱毛のポイント

もしも医療脱毛を受ける場合、どういった点に気をつけるといいでしょうか。医療脱毛はムダ毛の再生を抑制し、毛穴を引き締めなめらかな肌にしますが、利用する前に心がけて起きたいことがあります。日焼けをしている状態では、医療脱毛は避けましょう。レーザーの光はメラニン色素に反応して熱を集めますので、日焼けをしていると肌に対しても熱が集まることになります。メラニン色素が沈着しているあざやほくろなども要注意の部分です。レーザーの光で毛根を確実に破壊するためには、毛抜きで毛をまるごと抜いてしまっていると効果が半減します。レーザーによる脱毛は、毛根に熱を集中させることで作用します。毛抜きを使うと毛根も抜けてしまうため、脱毛効果を得ることができません。毛根を残すためには、シェーバーやかみそりなど毛を剃る道具を使うといいでしょう。医療脱毛は一度行ったことを元に戻すことはできません。やってしまってからでは遅いということは理解しておくべきです。事前のカウンセリングでわからないことは全て聞いておくことです。スキンチェックやテスト脱毛はカウンセリングの時に行い、いざ脱毛の段階でトラブルが起きないようにします。納得のいく医療脱毛をしてもらうためにも、カウンセリングや問い合わせに真摯に答えてくれる医療機関を選んでください。

骨盤ショーツ『リシュット』は産後ママの悩み解決|ポッコリお腹がすっきり♪

タイトルとURLをコピーしました