為替レートと円高円安

為替レートは、想像以上に日ごろの生活や消費活動と密接な関わりを持っているといいます。各国の経済情勢を知る手がかりとして為替レートを見ることもできます。円高や円安は、為替レートが世界に及ぼす影響を端的に表しています。円高、円安がどういったものか知っていれば、日常の消費活動にそれを反映させることができます。円高とは円の価値が高くなったということです。円安は円の価値が低くなったということになります。最近のニュースでは、為替レートの円高が注目されているようです。1トル100円の米ドルと円のレートは、円が強くなればより少ない円で米ドルが買えるようになり、1ドル98に変わるなどします。1ドルが100円から101円になった状態を、数字が増えたのにどうして円安というのかと思う人もいます。もしも目の前に100ドルの靴があり、日本円で買うことを検討しているとします。もし1ドルが100円ならば、100ドルにするには10,000円必要です。もしも1ドル10円になれば、日本円で必要な金額は10,100円です。つまり円が弱くなったため、より多くの円を出さなければいけないのです。円の価値が安くなったということは円安なのです。反対に1ドル99円に為替レートが変動した場合には、9,900円支払うことになり100円少ない支払いとなります。円高という考え方は、円という貨幣が強いのか、弱いのかによります。

タイトルとURLをコピーしました