クレジットカードの使用手数料とは

本来ならばかからない手数料を、クレジットカード利用時に求められた人がいます。加盟店の払うべき手数料と、カード利用者が払うべき手数料の、二種類の手数料がクレジットカードにはあります。クレジットカードの利用者側が支払うものは、クレジットカードの維持費の他、分割払いやキャッシングを利用した時にかかる金利に基づく手数料です。加盟店が支払うものには、会員がその店で買い物または飲食して支払った金額の3パーセントから7パーセントを支払うというものがあります。支払の先は、クレジットカード会社となっています。例えば、クレジットカードの決済時に、手数料という名目で上乗せされた金額をそのまま支払ったという経験はないでしょうか。本来であれば、クレジットカード加盟店がカード会社に払う手数料であるといえます。加盟店が払うべきお金を客に払わせているということになり、納得がいかない点があり、道理にかなわない手数料です。クレジットで決済するよりも現金で支払う方が安くなるという店もありますが、それは手数料の存在があるためです。店側としては、現金のほうが収入として確実であり手数料も支払わなくて済むため、現金で支払わせたがる傾向が強いようです。ポイントの付与率を現金の方を有利にする店もあります。クレジットカードを使った買い物をする時は、手数料が上乗せされていないかチェックしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました