クレジット販売と手数料のはじまり

クレジットカード会社は、会員や加盟店から手数料をもらって利益にしています。クレジットカード会員と加盟店があればあるほど、手数料の機会は増えます。クレジットカードを使って決済をした場合、加盟店は決済額の3%~7%を手数料にしてクレジットカード会社に支払わなければなりません。具体的な数字をあげると、クレジットカードによる売上が10万円ならば3000円から7000円、100万円ならば3万円から7万円が売上手数料となるわけです。一人でも多くの人に自社のクレジットカードを持ってもらうために、クレジットカードは年会費無料制度やポイント特典、優退サービスなどを打ち出してします。クレジットカードは、ごく身近なものになっています。今から100年以上も前の1895年、田坂善四郎という愛媛の呉服屋が、月掛け売りという形で始めたのがクレジットカードの最初です。ただしこの時は、クレジットカード会社を介してはいませんでした。当時は手数料は存在せず、江戸時代の掛け売りのバリエーションだったといいます。その後クレジット販売のルーツとなるチケットとクーポンによる販売方式が始まるのです。各地域の小売店が集まって商会を形成し、手数料を受け取る代わりに商品の立て替えを行っていました。手数料をもらってクレジットで販売するという形式が、1949年時点でつくられていたのです。

タイトルとURLをコピーしました