クレジットカード支払いの注意点

支払いをクレジットカードをする時に、気を配っておきたいことは何でしょう。そもそもカード払いができる状況にあるかという問題があります。クレジットカードで支払いをするとお得だからと、後先考えずにクレジットカードを使っていると行きづまることがあります。返済に必要な金額が銀行口座になく、残高不足で支払いができないと言うこともあります。クレジットカードの支払いができなくなると、信用情報に残ってしまうこともあります。確実に支払いができる金額のみ、クレジットカードで使うようにします。クレジットカード決済をした時にもらった伝票は手元に置いておき、カード会社の請求が来るまでは忘れず持っておきましょう。カード会社からの請求内容に問題が起きないとも限らないためです。もしも請求内容に問題があった場合、クレジットカードを使った時の伝票がなければ話が進みません。クレジットカードで支払いをしたにもかかわらず、いろいろな理由でキャンセルになった場合もあるでしょう。そういう時は、キャンセル伝票をもらっておくといいでしょう。手元にキャンセル伝票があれば、何がおきたのか後になっても確認が可能です。クレジットカードの支払いは使いやすく非常に便利ですが、何かあった時に対処できるよう、普段から利用履歴や支払いに関するチェックを習慣づけておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました