にきびケアの正しい洗顔方法

適切な洗顔をすることで皮膚のコンディションがよくなり、にきびを減らすことが可能であると言われています。しかし、1日に何回も洗顔を施したからといって、にきびが減少するわけではありません。適切な洗顔頻度は1日に2、3回です。にきびを改善するために洗顔をする場合は、肌に負担をかけないことが最重要です。洗顔石鹸をいきなり肌につけるのではなく、最初にぬるま湯で顔を素洗いします。ふるま湯で軽く洗うだけでも、余計な油分や皮脂を洗い落とすことができます。それから、洗顔料を泡立て、きめ細かな泡を作ります。泡の作り方はコツがいりますが、泡立てネットだと簡単に泡ができます。手の平いっぱいの泡ができたら、鼻やこめかみなど皮脂の多いところから順に泡をつけていき、優しく洗いあげます。顎や首筋も洗っておくと、にきび対策になります。皮膚にダメージを与えないよう、こすらないようにして洗いあげます。洗顔後はぬるま湯でしっかりとすすぎ、泡残りがないように注意をします。拭くときは顔をタオルで抑えるようにして水分を拭き取ってください。拭くときもけっして肌をこすってはいけません。にきび予防に効果的な洗顔を行うためには、皮膚を絶対にこすらないことです。にきびケアをしっかり行うためにも、まずはお肌にいい洗顔方法を覚えてください。

結婚相談所に登録している人の特徴!男性・女性別にまとめました

タイトルとURLをコピーしました