美白のための洗顔

美白効果のあるスキンケアや化粧品に人気が集まっているようですが、洗顔も方法次第で美白に関係があります。しみ一つない白くなめらかな肌になりたい人は多いようです。肌の白さを求めて高いケア用品に手を出す前に、日々の洗顔を見直してみるといいかもしれません。洗顔は肌になるべく負担がかからないように汚れを洗い流すもので美白効果を高める基礎となるものです。顔を覆う肌は非常に薄く繊細なので、注意深く洗顔をしなければ肌荒れの原因になります。洗顔石鹸を手のひらの上で十分に泡立てましょう。少しずつ水を足しながら、手のひらいっぱいになるくらいきめこまかな泡にします。泡立てネットなどを使うと、泡立てが苦手な人でも泡がつくれます。できた泡で顔全体を包み込みます。顔を洗う時は、ちょっとぬるめの湯を用います。冷たい水は汚れが落ちづらいですし、熱い湯は顔に本来必要な油脂まで一緒に流れでてしまいます。美白を目的とした洗顔なら、大体38度程度の湯がいいでしょう。洗顔が終わったらしっかりと水分を拭き取るのですが、タオルもポイントです。洗いたてのふわふわのタオルで優しく水分を拭き取りましょう。タオルで顔をつよくこすると、肌を傷めてしまいます。タオルはあくまで顔に乗せるようにして使ってください。正しい洗顔を覚えてしっかり実行していれば、美白効果も期待できます。

婚活中の体の関係はいつから?女性の上手な断り方を紹介

タイトルとURLをコピーしました