メスを使うワキガ治療

ワキガの原因となる汗腺を取り除き、患部をレーザーで焼くという治療方法が存在します。メスで汗腺を切除する方法は、ワキガの症状がかなり重いと診断された人に対して行われます。メスを用いたワキガの治療にも何通りかがあります。剪除法というのは、皮膚に4センチ前後の切れ込みを入れて1つ1つアポクリン汗腺というワキガの原因とも言われる汗腺を取り除く方法です。ワキガの治療ではオーソドックスな方法であり、治療を受ければワキガ臭もしなくなります。剪除法でワキガの治療をすると、脇の下にあった毛はなくなります。脇の下を一部切開して管を入れ、皮脂腺、エクリン汗腺、アポクリン汗腺を除去するワキガの治療法を皮下組織吸引法といいます。皮下組織吸引法のデメリットは、汗腺を全て取り出すことはできないという点です。超音波法という、脇に穴を開け超音波発赤を入れるやり方もあります。ワキガの原因となるアポクリン汗腺だけでなく、皮脂腺やエクリン汗腺にも超音波をあてて組織を壊し、吸引します。超音波を使ったワキガ治療ですから、腋毛などはのこりますので男性には人気の方法とも言えます。メスを用いた治療には色々なものがありますが、方法によっては手術の痕跡が残ったり、10万~30万の費用がかかることもあります。カウンセリングの場で、ワキガ治療について聞きたいことがあれば忘れず確認しておくことです。思わぬデメリットが見つかることもあります。

オンラインフィットネス『mamaトレ』は産前・産後のケアに超おすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました