切らないワキガ治療

メスを使わずに行うワキガの治療法もあります。脇の下に電気をあてたり、薬を注射することで汗を止めるというものです。ボトックスという薬液が、ワキガ治療にはよく用いられます。ボトックス注射はしわ対策にも用いられるため、知っている人も多いようです。ボトックスを脇の下に注入するだけで、ワキガの原因である臭いのある汗を抑える事ができるのです。ボトックス注射による効果は永続的には続きませんので、一定期間おきに治療を受けなければいけないという欠点があります。ワキガの治療として、インフォレーゼ法も知られています。ガーゼに薬品をしみ込ませて脇の下にあて、通電します。エクリン汗腺やアポクリン汗腺が機能しなくなり、症状が治まります。電気を汗腺に流しこむことで、わきがの治療を行う電気分解法もあります。アポクリン汗腺と毛根にダメージを与えることによって、ワキガの臭い対策を行うというものです。汗腺口の1つ1つに高周波の電流を流す為、施術自体に長期間かかります。麻酔が使えないエステなどの場合、痛みが伴うこともあります。メスを使わずにワキガを治療する方法は、幾つか存在します。治療にかかる費用、治療効果の確実性、メリットとデメリット等を検討した上でワキガの治療法を選択してください。

おうち時間は家族で楽しく動画視聴|無料でU-NEXTをお試し!!

タイトルとURLをコピーしました